【初心者向け】そもそもLPって何?意味や特徴を解説

はじめに

ウェブマーケティングにおいて切っても切り離せないもの、それは「ランディングページ(通称LP)」です。「よく耳にはするし、大事だっていうのは分かるけど、そもそもLPって何?」という方もいらっしゃると思います。
本記事では、ウェブマーケティングにおいて重要な役割を果たすLPについて、その意味や特徴、活用のポイントを解説します。LPを効果的に活用することで、商品販売やサービスのPRに役立てることができます。

LPの意味

LPには、主に2つの意味があります。

  • 訪問者が検索結果や広告などを経由して最初にアクセスするページのこと

  • 訪問者に「購入」や「問い合わせ」などの行動を誘導することに特化した、縦長のレイアウトのページのこと

一般的に「LP」というと、2つめのことを指しているケースがほとんどです。この記事でも2つめの意味のLPについて解説していきます。

LPの特徴

LPの特徴として、主に以下の4つが挙げられます。

  1. 縦長のレイアウトである

    情報量が多く、1ページが縦にグワーッと長いのが特徴です。皆さんも一度は目にしたことがあると思います。

  2. 別のページや別のサイトへのリンクが少ない

    先ほども述べましたが、LPは1ページの情報量が多いです。そのため別のページや別のサイトへ飛ぶ必要があまりなく、リンクが少なめです。

  3. コンバージョンボタンが多く設置されている

    コンバージョンボタン(通称CVボタン)とは、商品購入や問い合せなど、訪問者に対し具体的な行動を促すためのボタンのことです。これぞLPという特徴ですね。

  4. 派手なデザインが多い

    LPの意味でも述べましたが、訪問者に「購入」や「問い合わせ」などのを促すことが目的です。そのため、訪問者の目を引いたり、商品のお得感やシズル感を出したりするため、比較的明るく賑やかなデザインが多いです。

LPのメリット

LPを制作することには、主に次のようなメリットがあります。

  1. ページの移動による訪問者の離脱を防ぐ

    LPは縦長の1ページで伝えたいことが完結しているので、別ページに飛ぶ必要がありません。訪問者が諦めたり、他社のサイトに流れてしまったりすることを防ぐことができます。

  2. 伝えたい情報を伝えたい順番で提示することができる

    ウェブサイトを閲覧する際、上から下に見ていきますよね。つまり、伝えたい情報を上から下に順番に並べることで、サービスや商品への理解をスムーズに促すことができます。訪問者にとっては、ストレスなく良さや特徴を知ることができます。
    また、営業マンがトークで顧客に伝えるのに対し、LPは視覚的に伝えることに特化しています。盛り込みたい情報を余すことなく落とし込むことができ、力強い営業マンとして機能してくれます。

  3. 強い訴求が可能

    LPは比較的自由度の高いデザインが可能です。デザインをしっかりと作り込むことで、商品やサービス、ひいてはブランド自体の世界観やイメージを表現し伝えることができます。
    そして重要なポイントである、訪問者に具体的な行動を促すこと。訪問者にとって分かりやすく、強い印象を与えるデザインにすることで、「購買」や「問い合わせに」つながる確立をグンと上がります。

LPの活用ポイント

LPを効果的に活用するには、良いLPを制作するだけでは不十分だと言えます。顧客がどうやってそのLPにたどり着くか、つまり「LPへの流入経路を設計する」ことも大切なのです。どれだけ良いデザインのLPを制作しても、見られていないのであれば無いのと同じです。
ターゲットとしている人たちにLPを見てもらうには、リスティング広告、ディスプレイ広告、SNSの活用などのウェブマーケティング戦略を組み合わせる必要があります。こちらに関してはまた別の記事でご紹介することにします。

まとめ

LPとはどういったものか、何となくつかめたでしょうか。LPはインターネット上のチラシと言えます。商品の販売やサービス、ブランドのPRに大いに役立ってくれることでしょう。LPを効果的に利用するには、LP自体の作り込みと、マーケティング施策によるLPへの誘導の両方が重要です。これらのポイントを踏まえて、LPを活用した集客や商品販売に取り組んでみてください。

SHARE

facebookで共有する Xで共有する

PREV

COLUMN INDEXCOLUMN INDEX

→