ブランディングとは何か?その定義と重要性

はじめに

ブランディングは近年ビジネスにおいて重要なキーワードとなっています。すでに何かしらのブランドを持っている企業だけでなく、今までは製造のみを行っていた企業にとっても気になっているワードではないでしょうか。様々なシーンで「必要です」と謳われているブランディングですが、その具体的な定義や意義については曖昧なまま使われることが多いのが実情です。本記事ではブランディングの意味を明確にし、なぜそれが昨今企業にとって重要なのかを説明していきます。

ブランディングの定義

まずは「ブランディング」の定義をハッキリさせておきましょう。ブランディングとは、「独自のブランドを作り、その価値を高めること」です。もう少し深堀りすると、「ある商品やサービス、企業に独自の意味や価値を付与し、他社との差別化を図ること」です。単なる物やサービスではなく、それらに付随する独自の価値を顧客の心の中に創り出す活動のこと全てを指します。

ブランドの語源である “Brand” は、家畜に焼き印を押して他者のものと区別することに由来しています。現代のブランドもこの “差別化” を目的としており、顧客に他社の製品やサービスと区別してもらうことが重要なポイントなのです。

ブランディングの目的

先ほど「ブランドの目的は “差別化”」と述べました。ではブランディングの目的は何でしょうか。それは「伝えること」です。製品やサービスなどを通して顧客の心の中にブランドに対するポジティブなイメージや好意的な感情を育むことで、他の製品や他社と区別してもらい、競争優位性を確立するのです。売上アップよりも、まずはしっかりとブランドの想いや方向性などのメッセージを届けることに注力すべきだと言えます。

ブランディングの3つの必須条件

効果的なブランディングを行うには、以下の3つの要素が不可欠です。

  1. 経営トップの強いコミットメント

    そもそも経営者やプロジェクトのリーダーなどのトップが、ブランドを構築することに対して熱く強い想いを持っている必要があります。現場に関わる人たちがいくらやる気になろうと、トップが他人事に思っていては何も意味がありません。様々なブランドが乱立する市場でブレない判断を下すことができるのは、強い想いを持ったトップだけです。

  2. 優れた商品・サービス

    良い物や良いサービスでないと、ブランドになり得ません。他にあるような物、他の企業からも得られるようなサービスだと、ブランドにとって大切な “差別化” が出来ません。「それなりに良いもの」ではなく、特徴があり、他に真似されにくい「優れた商品・サービス」が必要です。

  3. 顧客とのコミュニケーション

    ブランディングの目的は「伝えること」だと述べました。良い製品を作っても、良いサービスを提供しても、その良さやブランドの強みが顧客に伝わっていなければ、ブランドとして認知されません。従業員やパッケージ、Webサイトなど、顧客と接点のある部分全てでブランドとの良いコミュニケーションを取る。それがブランドのポジティブなイメージを「伝える」ことに繋がります。

ブランディングがもたらすメリット

ブランディングが上手く機能すると、以下のようなメリットが期待できます。

  • 高い利益率の実現
  • 顧客ロイヤリティの向上
  • 強固な参入障壁の構築
  • 価格競争への巻き込まれ防止

つまり、ブランディングが成功し、ブランドとして確立することで、他社に脅かされることなく、より安定的かつ効率的なビジネス運営が可能になるのです。

まとめ

ブランディングの本質は、顧客の心の中に独自の価値を創造し、それを伝え続けることで他社との差別化を図ることです。それは一朝一夕では成し得ません。長期的視点に立ち、一貫したブランディングコミュニケーション活動が求められます。それを着実に積み重ねることができれば、ビジネスに大きな効果をもたらすことができます。

自社のブランドは今、顧客にどのように捉えられているでしょうか。改めてブランドの本質を見つめ直したブランディングを行うことで、より強く素敵なブランドを目指していきましょう。

SHARE

facebookで共有する Xで共有する

PREV

COLUMN INDEXCOLUMN INDEX

→